Scroll to Content


2020年度は4月上旬を開園予定でおります。
詳しくは、決まり次第にご案内を申し上げます。


イベントカレンダー

しゃくなげの里とは

佐用町平福は宮本武蔵ゆかりの地・武蔵の決闘の地として知られ、出雲街道、因幡街道の宿場町として古くから栄えてきました。
この佐用町平福から少し北へ行ったところに、高山植物の日本しゃくなげと西洋しゃくなげ合わせて150種15000本を超えるしゃくなげが植えられた播州平福しゃくなげの里があります。

播州平福しゃくなげの里では、法師塚がある標高140mほどの山の東側斜面一面に石楠花が植えられており、見頃を迎える4月下旬から5月上旬には東斜面全体が石楠花の花で覆われます。また、園内には「なんじゃもんじゃの木」があり、5月中旬頃見頃を迎えます。

Blog

  • 2020年3月8日

    2020開園前情報

    園内の「ミツマタ」「サンシュユ」が見頃となっております。今年の『しゃくなげ』は、昨年より1週間ほど早 […]

    Read More
  • 2019年5月20日

    感謝

    ご来園を頂き誠にありがとうございました。 5月19日をもちまして、今シーズンの閉園とさせて頂きました […]

    Read More
  • 2019年5月18日

    ご案内

    明日で今シーズンの最終日とさせて頂きます。皆様のご来園をお待ちしております。

    Read More

交通アクセス

智頭線・平福駅から約1.5km、中国自動車道・佐用ICから約4km 駐車場 車100台 (バス10台)